FXは自動売買が実は安定している

FXというのも今はかなり言葉としては普及してきているので外国為替証拠金取引であるということくらいは知っている人の方が多いでしょう。
インターネットを活用して投資をすることができるということになるのですがその対象が様々な国の為替ということになり、海外の情報などにも通じている必要性があります。
また、様々な注文方法がありますのでそれに応じて行うということなら求められているわけです。為替市場というのは世界中にあるわけですから日本時間の深夜であろうともニューヨーク市場で取引が活発になってきているというような状況があるわけでそんな場合日本で取引をしていると寝てしまっているということになります。
そんな時のリスクコントロールをどうするべきかということですがまず一つはポジションを持たないという方法があります。ポジションというのは要するに取引をしていない状態にするということで取引を一旦手仕舞いするということになります。
当たり前ですが一切買っていないわけですから損をするリスクというのがゼロになるわけです。しかし、そうしますと取引の時間が極端に短くなってしまいますし自分が寝ている間の変化にも対応できるようにというような人のためにFXではかなり自動売買というのが早い段階から人気になっています。
自動売買をする一番単純な形としては指値注文というのがあります。一ドルいくらになったら買うようにとか、売るようにというような注文が自動的にできるわけです。
さらに王様のやり方としてIFD注文というのがあります。これはもしこのレートで注文が成立したらこのレートで決済してくださいという注文方法であり、例えば1ドル115円で注文が成立したら、次は1ドル17円で売りに出すというような事を連続して注文の流れを出せるやり方です。
FXでは超絶短期的な取引であればトレードの画面を見ていることで自分でやるということもできるわけですが、自分で見ている上でさらに自動注文を行うように設定しておくということが最近では求めれます。
つまりは、自分で注文する間の時間というのがあるわけですから自動注文しておいた方がコンピューターの速度で注文が出せるということになりますのでラグが発生しない分、リスクがさらにカットできるようです。
様々な注文方法というのを使いこなすことによってFXはかなりトレードが楽になります。自動ツールというのはあるわけですからそれを積極的に活用して自分なりの投資のスタイルを確立することが成功への秘訣となるわけです。但し、自動注文であるからといって確実にその状況になった時に注文が成立するのかと言えばそうでもなくマーケットが荒れている時などにはやはり自分で確認してやるということも必ず意識しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です