古本から始まったネットのせどり

ネット上で行われている「せどり」とは、ある商品を安く購入し、それをネットオークションやフリーマーケット、アマゾンなどを大手通販サイトを利用して高く売ることを言います。

元々この「せどり」という言葉が使われるようになったきっかけは、安く買った古本が驚くほどの高値で売れることがあると認識されるようになったことでした。古本の特徴は、時に想像もつかなかったようなプレミア価格が飛び出すことがあることです。特に一般向けの本ではなく、マニア向けの本にその傾向が強いのですが、興味のない人にとってはただの古い本でしかないものでも、マニアにとって違うのです。いくらお金を積んででも手に入れたいお宝となるのです。

たとえば、鉄道や車、模型などの趣味系の本だったり、アイドル系の本や映画関係など、時代を感じさせるような雑誌は高値が付きやすいです。雑誌はすべて1回限りの発行で、後はすべて絶版となります。発行部数が少なければ少ないほど、価値も上がります。ポイントとなってくるのは、その価値を見極めることができるかどうかです。それにはやはり経験と勘のようなものが必要となってきます。

古本以外でも、最近は家電やCD、ホビー系などのせどりも人気となっています。ただ、ある程度相場が形成されてしまうと、安く買って高く売るのが難しくなってしまいますので、コンスタントに売り上げをあげていくためには、まだ開拓されていないニッチな商品を見つけることが大切になってくるでしょう。

ネットで副業を考えている人、あるいは実際に稼いでいる人の中で、このせどりは向いている人と向いていない人がはっきり分かれるようです。まず求められるのは、根気強く続けていくことができるかどうかです。

商品を安く仕入れてそれを高く売るのですから、まさにこれはビジネスそのものです。ただメーカーの希望小売価格が決まっている新品ではなく、基本的に定価のない中古品を扱うわけですから、目利きが問われますし、金になる商品を様々な方法を通して、根気強く探し続けなければなりません。1回だけのせどりであれば、偶然お宝を発見するということもあるでしょう。しかし、継続的に利益を上げ続けるには、やはり根気強い人でないと難しいのです。

また、得意な分野とか好きな分野があると続けやすいでしょう。得意な分野であればその商品の価値もわかりますので、損が出ないように持っていくことができるのと、楽しくせどりを行うことができる、これも重要なポイントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です